40代は第二のお肌の曲がり角、年齢にあったスキンケアを

私は30代の頃から熱心にスキンケアをするようになりました。そうなるようになったきっかけは20代後半のお肌の曲がり角がきっかけでした。お肌がボロボロに荒れてしまい、様々な化粧品が肌に合わなくなってしまい美肌に戻すべく必死に努力をしました。
肌がきれいじゃないと、いくらメイクをしても不健康でブスに見えてしまうからです。
一筋縄ではいきませんでしたが何年もかけてお肌の調子を取り戻す事ができたんです。
肌がきれいは七難隠すとは本当だなと実感した出来事でした。

その時の自分に必要な化粧品を選べばOK

私は、乾燥肌で敏感肌でもあります。なので基本的には敏感肌用の化粧品を使っています。
ですが年齢と共に気になってきてしまうシミやシワ。その為に美白をしたり美容液を使いたいと思っても肌のコンディションが落ち着いている時しか使っていません。
水分が足りていないなら化粧水を多めに、油分が足りていない時は乳液やクリームを多めに使うなど化粧品の使う量で調節する日もあります。
乾燥が気になる季節はオイルをスキンケアの最後に使ったりもします。
最低でも月に一度はローションパックをしたり、顔をマッサージしたりもしています。
顔のマッサージをすると、化粧品の吸い込みが違うんです。
それが、毎日出来れば尚いいのでしょうが毎日の手抜き技として導入液を使っています。

年齢にあったスキンケア化粧品を選ぶ事も大切

40代になってくると、30代の頃の悩みが可愛いものだと思えるくらい次々といろんな症状がおきてきます。
ほうれい線は深く刻まれ、眉間にもしわ、おでこにもシワ、目尻のたるみ、頬のたるみ、たるみ毛穴などなど。それをスキンケアで何とかしたくて年齢肌対策の為の化粧品を買い足しました。
エイジングケアに特化しているスキンケア商品は使ってみてビックリしました。
保湿に優れているんです。ハリの維持にもなっています。ヒアルロン酸などの美容成分が入っているので継続して使っているとしっとりモチモチした肌に戻りつつあります。
たるみに即効性はないですが、続けているうちにたるみ毛穴が少しづつ良くなってきました。
マッサージしながらスキンケアするのが毎日の日課です。

私もスキンケアはズボラなタイプでした

私自身、とてもズボラでスキンケアなんて気にした事もなく化粧水をパパっとつけたらそのままファンデーションを塗ってたくらいなんです。
でも、一度ヒドイ肌荒れを経験してボロボロの顔を見た事がショックで始まったのが丁寧な毎日のスキンケアでした。「あの頃に戻りたくない」「きれいな肌でいたい」これが私の原動力になっています。
スキンケア商品の数は増える一方で手順を踏むのも大変な時だってあります。
それでも、翌朝に肌の調子がいい。化粧ののりがいい。誰かが褒めてくれる。そう思うと手抜きはできません。お肌がキレイだと健康的に見えますし、脱・老け顔にも繋がります。
そういう気持ちでモチベーションを保つと意外と続くと思いますよ。
楽しく出来るように、自分なりの工夫をするのも良いと思います。私は鏡の前で変顔して遊んでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA